【YouTubeを始めて1年】身に付いたのはマスメディアの嘘を見抜く力







どうも、旅人YouTuberのくじらです。

YouTubeを始めてちょうど1年が経ちました。

まさかこんなに続くとは全く思っていなかったです。

 

今回は、この1年ユーチューブに動画を投稿し続けた中で、

動画の撮影・編集スキル以外に自分が自然と身についけていたマスメディアの嘘を見抜く力についてお話したいと思います。

それでは行きましょう。

情報を発信側するになって初めて気づいたメディアのウソ

発信する側と受け取る側の違いは「編集作業」

1年前、まずユーチューバ―という発信者になるためにやったことは、

  1. 動画を撮り
  2. 編集して
  3. YouTubeへ投稿する

このスリーステップです。

 

実はこのステップ、多くの人が既にやってます。

なぜか。それは、言い換えると、

  1. 写真を撮って
  2. 文を書いて
  3. SNSへ投稿する

だからです。やったことあるでしょう?

 

でも皆さん、SNSへ投稿する際に「編集してる」意識ってありますか?

 

実は文を1つ書くのだって頭の中で編集しているのですが、

自分はYouTuberになるに当たって「動画編集」という作業をしなければいけない事態になったんですね。

その時ようやく初めて、今までSNSへ投稿する際に「編集」していたことに気づいたんです。

タイムラインを見るだけなら編集はいらない。

情報発信者は常に「編集」という作業が必要になるんですね。

ただし、編集の質は人それぞれです。受け取った情報をそのまま流すことだって、そう判断したのが編集とも言えますから。

テレビは嘘だらけ

ユーチューバ―とそうでない人の違いは何か。

それは編集する素材が「動画」だということ。

 

動画編集はやってみると案外簡単です。

やることが3つだけだから。

  • カット
  • 加工
  • 整理

動画をカットし、BGMを付けて、並び替えるだけ。あら簡単。

 

そうやってできた1年前の1作目がこちら。

超恥ずかしい。

 

なぜ恥ずかしいか。

 

自分が思ってる自分と全然違うから。

 

そう、動画を作っていると、本物とはかけ離れたものができるんです。

例えば30分カメラの前に立って5分しか喋らない寡黙な人でも、喋った部分だけ動画を繋ぎ合わせれば相当なおしゃべりさんになります。

そして、実際に撮った映像自体も、加工されカットされ並び替えられて現実のものとは異なってきます。

 

このことを知って以来、現実とは異なるという意味で、テレビが全くの嘘だということに気づきました。

テレビは加工されまくってます。現実世界に「ピシッ」なんて効果音は付きませんし、テロップも付きません。

よくテレビの中の人が「ここはカットで」と言っていますが、そうですテレビ局にとって都合の悪いことは全部カットされてます。

例えば討論番組で、パネラーがどんなに素晴らしい意見を言ったとしても、番組の趣旨や社会的に反感を買うようなものは地上波に流れてきません。

 

1年も動画を作っていれば、テレビの映像がどのように撮られ、どう編集され、どう見せられているのかに気づくことができました。

逆に、テレビを通して、本当の真実や事実が何かもわかるようになってきました。

発信する側に立てばリテラシー能力が身につく

今こうして自分はブログを綴っています。

つまり、編集しながら文字を書いています。

YouTuberではなくブロガーと呼ばれる立場で、これも発信者です。

 

動画を編集して、テレビの映像の嘘が見分けられるようになりました。

そして、文章を編集して、世の中に出回っている文章の嘘がわかってくるようになりました。

 

実はウソがわかって来ると、情報を受け取る側に立った時、その情報の取捨選択が正確にできるようになるんですね。

あのブログ記事はでたらめだな、とか、このニュースはこういう狙いがあって書かれたものだな、とか、情報の意図が分かって来るんです。

 

しかしまぁ学校でよく「作り手の気持ちになってみるといい」なんてメディアリテラシーを習った際に言われたものですが、

実際に作り手(発信側)になってみないと、どのように作られているが全くわかりませんでしたね。

最後に

YouTuberという存在になって初めて、

「自分が情報を発信しているんだ」

という意識を強くもちました。

 

そして発信側に立って初めて、今まで受け取っていた情報がどういうものだったのかに気づきました。

 

是非とも動画編集やってみてください。テレビの見え方が180度変わるのは間違えないです。

 

それじゃ、またね!

The following two tabs change content below.
白尾 諒 (ShiraoRyo)
1995年静岡県生まれ。アジア・アフリカ14カ国を旅したVlogクリエイター。東京外国語大学アフリカ地域研究専攻3年。些細なことをきっかけに1年半前にYouTubeを始め、それ以来映像づくりにハマる。現在はビデオブログ(Vlog)を投稿中。






ABOUTこの記事をかいた人

白尾 諒 (ShiraoRyo)

1995年静岡県生まれ。アジア・アフリカ14カ国を旅したVlogクリエイター。東京外国語大学アフリカ地域研究専攻3年。些細なことをきっかけに1年半前にYouTubeを始め、それ以来映像づくりにハマる。現在はビデオブログ(Vlog)を投稿中。