Youは何しにアフリカへ?第四弾【大学生インタビュー】高橋あかりさん「所詮よそ者」







どうも、バスに揺られること39時間、アフリカ東海岸に位置する国タンザニアにやってきた旅人くじらです。

国境は越えた!遅れるのは当たり前34時間+αのバス旅~後編~

2017.06.10

一人旅をしていて思うのは、「一人だけの眼では、旅先で見れるもやその物事の捉え方考え方が、非常に限られて狭いな」ということ。

なので新しい視点や考え方を得るべく、今回も人に会ってインタビューさせていただきました。

 

Youは何しにアフリカへ? 第四弾です。

Youは何しにアフリカへ?第二弾【大学生インタビュー】 小泉晴香さん 「0から1を作れたことが一番の喜び」

2017.06.08

Youは何しにアフリカへ?第一弾【大学生インタビュー】 西川佑太さん 「国際協力の現場を知ってみたい」

2017.06.07

それでは参りましょう。

東京外国語大学国際社会学部アフリカ地域専攻4年 高橋あかりさん

 

高橋あかりさん。あだ名はあかりん。

 

大学4年から1年間休学をし、タンザニアの孤児院でボランティア活動を行っている。

8月からは続けて現地でインターンシップを行う予定。

「インターンじゃ、ローカルの生活がわからないと思って」

休学してここでボランティアしようって決めたのはいつ?

ボランティアしようって決めたのは去年の12月かな。休学するのは3年生が始まる頃に決めていて、何するかは未定だった。インターンを探してたら、たまたまこっちでできる国際協力系のインターンシップがあることを聞いて、11月に応募して受かったの。でも後からそれが1年間じゃなくて4カ月間しかないってことがわかった(笑)

それじゃぁそのインターン始まるまでの間に何かしようと思って今のボランティアを?

インターンじゃ絶対ローカルの生活がわからないなって思ってたから、ホームステイをしたかったの。それで探してたら、今の孤児院でボランティアしながらホームステイできるプログラムを見つけた。

そのプログラムはどこの団体のもの?

ICYEジャパンっていうボランティア団体。ドイツに本部があるみたい。

孤児院の子どもたちとスワヒリ語で会話をする高橋さん

写真右の同僚は休憩中のよう、、

「アフリカに行きたかったけど、国を選ぶ基準はなかった」

場所はタンザニアが良かったの?

知らない(笑)わからないけど、アフリカのどこかに行きたかったから、どこか決めなきゃいけないじゃん?

そうね(笑)アフリカは全部で54ヶ国あるしね。

そう(笑)どの国にするか決める基準がなかったから、取り敢えず行ったことある国を選んだの。

あ、タンザニアに以前来た事があるんだ?

うん、大学の友達とその時は旅行で10日間くらい来た。

いいなぁ、旅行でアフリカ来たんだぁ。(あ、自分も今まさにアフリカ旅行中だった、、、) 今回は長期のアフリカ滞在で、親は反対しなかった?

全然。むしろ折角日本から遠く離れた国にいるんだから連絡してくるなって。

そっか、まぁ確かに(笑)でもやっぱりそれでも少しは心配してるんじゃない?

心配してるのかなぁ。

子どもたちからは常に引っ張りだこだった

難民。一体誰が気に掛けると言うんだ?私だよ!!!Tシャツ

「アフリカを選んだのは、友人が熱くアフリカについて語ってくれて、それに刺激を受けて」

ところで、大学でもアフリカ地域専攻だけど、アフリカを選んだ理由ってある?

大学で外大のアフリカ学科を選んだのは、外大志望の友達が「アフリカは1回見とかなきゃいけないんだよね」って、アフリカについて熱く語ってくれて、それに刺激を受けたからかな。アフリカもいいなぁって(笑)

へぇ~そうなんだね。自分も、確かに色んな人に1回は訪れてほしい気はする。LCCが誕生して気軽に東南アジアに行けるようになったように、いつか気軽にアフリカへ行ける時代が来るといいなぁ。

青い服の彼、自撮りの名人です。

「日本食は恋しくなる!!」

休日は何してるの?

休日は家でゆっくりしたり、ホストファミリーの実家に行ったり。この前はダルエスサラームに住む日本人会で運動会があったから参加してきた。

おお、そんなコミュニティーがあるんだ。しかも運動会やるっていいね。アクティブ!

あとは、つい最近チャパティーをつくれるようになったよ。

チャパティーって何から作るの?

小麦粉だね。小麦粉と塩と油を水と一緒に混ぜて、また水入れて混ぜて、こねて、伸ばして、ひも状にして、丸めて、また伸ばして、それで焼く。

日本でも作れそうだね。タンザニアでは何と一緒に食べるの?

そう、分量さえわかれば日本でも作れる。こっちは豆だね。子どもたちの場合は朝はチャイに付けて食べてるよ。

チャパティーとチャイと子ども。

そっかー。日本食は恋しくなる?

なるなるなる!超なる!(笑)この前日本人の方とお会いして、その時に日本食を頂いたよ。マグロの刺身とか。

マグロ!いいねぇ。

八木の肉を骨ごと斧で切る同僚。

食事の準備を手伝う。

高橋さん「最近チャパティーをつくれるようになった」

「わたしは所詮よそ者」

日本での生活とこっち(タンザニア)での生活はどっちがいい?

日本!日本食食べたいし、あとやっぱりトイレとシャワーがね、、、。

そうだよね。シャワーは水?

そうだね。最近ホストファミリーが水道代滞納してたから、いま断水してて、雨水だよ。明日料金支払って来るねって言われてから、もう1カ月たつ。

こっちの人の明日は1年後かもね。

そう。あとこっちで生活していて思うのは、所詮わたしはよそ者っていうこと。

よそ者?というのはつまり?

何だろう、根本的に何もかもが違うじゃん。だからいくら頑張ってもよそ者でしかないっていうか、、、度々思うんだよね、、、

ほぉ。何かそこを深堀したい気もするけど、(自分が)もう出発しなきゃいけない時間だ(笑)行かなきゃ。

はい、チーズで子どもたちはいつもこのポーズ。

「こっちの暮らしを体感として知りたい」

最後に、あと残り半年くらいこっちで過ごすことになると思うけど、これから挑戦したいことってある?

こっちの人の生活や文化、暮らしをいかに体感として知れるか。これをしに来てるからね。

今日は本当にありがとう。これからもファイト!

最後に

所詮よそ者。高橋さんと同じ意味かは分からないが、アフリカを旅していて自分自身も感じていることでした。

例え1年間暮らそうとも、何年暮らそうとも、ここに住む人の気持ちはここに住む人にしかわからない。青年海外協力隊や長期ボランティアと言っても、ひょこっとよそから現れては、ひょこっとよそへ消えていく存在。

けれども、彼らと共に過ごした時間は、きっと新しい何かを生むのかもしれない。

高橋さん、あと半年のタンザニア生活、所詮よそ者とは言え、現地で過ごす時間を存分に楽しんでもらえたらと思います。

 

それじゃ、またね!

The following two tabs change content below.
白尾 諒 (ShiraoRyo)
1995年静岡県生まれ。アジア・アフリカ14カ国を旅したVlogクリエイター。東京外国語大学アフリカ地域研究専攻3年。些細なことをきっかけに1年半前にYouTubeを始め、それ以来映像づくりにハマる。現在はビデオブログ(Vlog)を投稿中。






ABOUTこの記事をかいた人

白尾 諒 (ShiraoRyo)

1995年静岡県生まれ。アジア・アフリカ14カ国を旅したVlogクリエイター。東京外国語大学アフリカ地域研究専攻3年。些細なことをきっかけに1年半前にYouTubeを始め、それ以来映像づくりにハマる。現在はビデオブログ(Vlog)を投稿中。