Youは何しにアフリカへ?第二弾【大学生インタビュー】 小泉晴香さん 「0から1を作れたことが一番の喜び」







どうも、現在アフリカ放浪旅中の旅人くじらです。

今、アフリカ東部に位置するウガンダ共和国に来ています。

残り1カ月半かけてナミビアのナミブ砂漠を目指してアフリカを縦断していきます。

アフリカ縦断の旅に出ます。

2017.05.10

いま自分は、日本ではまだ馴染みの薄い「アフリカ」という地域を旅している訳ですが、

他の日本人大学生は何をしにはるばる遠いこのアフリカの大地へ来ているのかを知りたい!

と、単純に興味が湧いたので、今回インタビューすることにしました!!!

 

それも題して、「Youは何しにアフリカへ?」!!!!!

 

今回はその第二弾!

Youは何しにアフリカへ?第四弾【大学生インタビュー】高橋あかりさん「所詮よそ者」

2017.06.11

Youは何しにアフリカへ?第三弾【大学生インタビュー】川瀬康太朗さん 「ヴィクトリア湖の漁業にも興味があって」

2017.06.08

ということで、ここウガンダに長期滞在をしながらボランティア活動を行っているという大学生にお話を伺いたいと思います。

宇都宮大学国際学部3年 小泉晴香(こいずみはるか)さん

小泉晴香さん(写真左)

青森県五戸町出身。

大学3年の後期から1年間休学中の彼女は、現在ウガンダのNGOであるUganda Pioneers Associationを通じて、ここウガンダでボランティア活動を行っている。

ウガンダに来る前は何してたの?

 

大学を休学してから4月にここに来るまで期間があったみたいだけど、その間は何をしていたの?

 

東京でボランティアとかインターンをしてたね。セカンドハーベストジャパンでインターンしたり、開発教育協会で事務局のボランティアしたり、あとは子どもの教育支援を行ってるキッズドアっていう団体でバイトとして働いたり。それからシングルマザーを支援する団体にも週1で参加してた。

色々やってたんだね。もともとはそれらの活動をするために休学したの?

いや、本当は交換留学をする予定だったの。だけど、尊敬する先輩と話をした時に、留学しても英語を学ぶ以外に特に留学先で何かしたいって訳じゃない自分に気づいた。だからじゃあ自分は何がしたいんろうって自問したら、日本の国内の社会問題にも興味があったから日本でやりたいことをやろうって思ったの。でも、それでも海外には行きたいから、「海外にも行っちゃおう!」と思ってた(笑)まぁそれで休学しはじめたね。

アフリカを選んだ理由

ウガンダに行こうっていうのはいつ決めたの?

12月の1日くらいにはもう既にチケットを取ってたから、去年だね。

ボランティア先の学校へ通う道のり①

ボランティア先の学校へ通う道のり②

結構早い時期に決めてたんだね。

そうそう、休学して東京に来てから結構考える余裕があったから。その時思ったのは、アメリカとかオーストラリア、あとインドとかシンガポールのアジアもこれまで行ったことがあるけど、アフリカは行ったことないなぁって。あと、大学ではTable For Two(TFT)っていう団体でアフリカの子どもたちに給食を届ける活動をしていて、アフリカのことも勉強はしていたけど、実際アフリカってどういうところなのかっていうのは行ってみないとわからないなって思ったの。ここだけの話、TFTにアフリカの給食を届けてる支援先に行きたいんです!って言ったら、スタッフが足りないらしく断られた。だから今回自分で行こうって思ったの。

なるほどね。ちょっと自分と似てるとこあるかも(笑)

でもウガンダっていうのにはこだわりはなかった。実は最初、「子どもの支援」っていうテーマで調べていて、そのテーマでボランティア先の案件があったのがウガンダだったの。TFTの支援先もウガンダにあったから、それも決め手の一つだったかな。

ウガンダでの活動は?

こっち(ウガンダ)に来てからもう2カ月経つ頃だけど、これまで何してきたの?

最初はSASUCU(サスコ)っていう現地の団体が運営する学校で、前期分の授業料を払えてなくて授業に参加できない子どもたちの相手をしてた。働く時間が9時から17時って決まってたから、その間はその子どもたちと遊んでたり少し勉強を教えてたりしたんだけど、1週間も経つとその繰り返しは結構しんどくって(苦笑) それでそのことを自分のカウンターパートに相談したら、彼が何を勘違いしたのか、他のボランティア先を紹介してくれて、、、。私は今のサスコの中で他の仕事を振ってくれると思ってたんだけど(笑)

職員室には小泉さんのプロフィールが貼られている。

それは面白い考え方だね(笑)

結局、2週目あたりからボランティア先を2つ掛け持ちすることになったの。週3でそれぞれ通い始めた。でもそれはそれで結構新鮮だったね。特に新しい方の団体が運営する学校はまだ規模が小さくて、今後の団体の方針とかも一緒に話すことができたし。実はその団体はスポーツにも力を入れていて、ウガンダではサッカーが人気で、ある程度技術のある選手は特待生として奨学金がもらえたり入学が認められたたりするの。だから子どもたちは放課後一生懸命グランドでサッカーの練習をしてて、その練習に私も顔を出してる。

サッカーの練習風景

そうなんだ!あんまり国際試合でウガンダ代表って聞かないけど、サッカーの特待制度があるほどメジャーなんだね。

アフリカに来てみて実際のところどう?

ザックリした質問するね。初めてのアフリカに来てから2カ月経つけど、アフリカはどうだった?

1年前インドに初めて行った時、スゴイ衝撃というか、色々新鮮味を感じたんだけど、初めて来たアフリカは意外にもそういうのがなくって。何て言えばいいんだろう、案外普通だったというか。日本とはもちろん生活の状況とか街の様子とか全然違うんだけど、どれもすんなり受け入れられたというか。だからインドで味わったあの衝撃感はなかったね。

あ、なんかそれも自分と似てるかも(笑) あと1カ月半くらいボランティア期間が残ってるけど、これからは何する予定?

サスコの方は子どもたちと一緒にチテンジ(伝統的な布)を使って何かを作ろうって思ってる。作った物の一部を販売して売り上げが団体に寄付されるようにしようとも今考えてるところ。あと、在ウガンダ日本大使館から現地の慈善団体に支援金が出るらしいから、そのための書類を作成したり、新たに来るボランティアの人のためのガイドを作ったりもしようと思ってる。授業も任せられたから、なんか色々あるね。

チテンジ屋のお兄さんの着てるシャツもチテンジ。

今までで一番大変だったことは?

これまででいろいろ苦労はあると思うけど、一番大変だったことは何?

そうね、今まで私は結構与えらた中で力を発揮するタイプだったんだけど、今回のボランティア先は言い方悪いけど、私をほったらかし状態なの(笑)だからこのままじゃまずいって最初に思った。何か自分から行動を起こさないと「私の存在意義なんなの?」みたいに感じて(笑)何をするのがこの団体や子どもたちにとって良いのか・必要なのかを自分で考えて、0から1を作り出すことが一番大変だった。でも逆に、実際にそれが自分にもできたことが一番の喜びでもあったんだよね。

学校で自ら始めた農園

そっか、ボランティアだからって言って何か仕事が決まってるわけじゃないんだね。青年海外協力隊みたい、、、。でも確かに0から1を作り出す作業には達成感を感じるだろうね。

そう。でも本当に最初は大変だった。朝起きて「あ、今日も行かなきゃいけないんだ」って憂鬱に思ったこともあって、まじで病み期だった。(笑)

そうなんだ、、、(笑)

小泉さん「この地区の人はここで水を買うの」

あと、英語が話せないことも少しストレスかも。私日本にいるとめっちゃ話す人なの。

ごめん、知ってる、、、(笑)

そう(笑)だから英語が十分に話せる訳ではないから、言いたいことが10あっても伝えられるのは1くらいで、それにもどかしさとか窮屈な感じを覚えてか、日本に早く帰りたいとも思うかも。

なるほどねぇ。あと1カ月半、大変なこともまだまだあると思うけどファイトね、応援してるよ。いろいろ話してくれてありがとう。

こちらこそありがとう。

帰り道の市場で買い物

最後に

海外経験も多い小泉さんですが、滞在期間は今回のウガンダが最長なんだそうです。

日本でも非常にアクティブな印象の彼女に帰国後のプランを聞くと、東北の震災関連の企業でインターンをすると言っていました。

今回の自分で0から1を作り出したアフリカでの経験が活かされるといいですね!

 

それじゃ、今回はこの辺で、またね!

The following two tabs change content below.
白尾 諒 (ShiraoRyo)
1995年静岡県生まれ。アジア・アフリカ14カ国を旅したVlogクリエイター。東京外国語大学アフリカ地域研究専攻3年。些細なことをきっかけに1年半前にYouTubeを始め、それ以来映像づくりにハマる。現在はビデオブログ(Vlog)を投稿中。






ABOUTこの記事をかいた人

白尾 諒 (ShiraoRyo)

1995年静岡県生まれ。アジア・アフリカ14カ国を旅したVlogクリエイター。東京外国語大学アフリカ地域研究専攻3年。些細なことをきっかけに1年半前にYouTubeを始め、それ以来映像づくりにハマる。現在はビデオブログ(Vlog)を投稿中。